Secup-BSD

勧告に溜息をつく時代は終わりました

楽々・安心・確実なサーバ運用

製品概要

Secup-BSD は、ソフトウェアの自動更新機能、 統一化されたユーザ管理機能などを備え、サーバ運用にかかるコストを 大幅に削減する製品です。 お客様に代わって弊社の担当チームでセキュリティ勧告等を監視、 修正が発表されたら直ちに自動更新し、サーバを常に最新の状態に保ち続けます。

製品の特徴

  • ベースOSにサーバ分野で定評のあるFreeBSDを採用
  • ユーザ・ホスト等をブラウザからリモート管理可能
  • セキュリティ修正等についてはメンテナンスフリー
  • OSのバージョンアップも自動更新で可能
  • 更新データの安全性は試験環境で事前に確認
  • 平文パスワード通信を排除した設定の徹底
  • いくつかのサービスのsandbox化により万が一のクラック時にも被害範囲を限定
  • chroot機能の利用等の設定により他人のデータへのアクセスを厳しく制限

管理メニュー

「楽ができる管理メニュー」を目標に、まず使う立場で考えました。 管理メニュー自体も自動更新。お客様の声で進化し続けます。

管理者用メニュー

ユーザー設定画面

ユーザ管理
登録時の環境構築を自動化 削除時はデータを一時退避:一括登録・削除に対応
ホスト管理
DNSへの登録作業を自動化:一括登録・削除に対応
メール管理
メーリングリスト(fml):エイリアス
管理者の設定
登録ユーザの中から任意に設定可能
サーバ管理
サーバの停止・再起動

利用者用メニュー

パスワード設定画面

パスワード変更
自動生成も可能
メール転送設定
単純な転送はアドレスを登録するだけ:複雑な条件の記述にも柔軟に対応

自動更新システムの概要

OSの再起動や、シングルユーザモードの処理にも対応しています。 更新の影響範囲に応じて適切なレベルでサービスを停止・再起動することにより、 サービスのダウンタイムを大幅に減少しました。

システム構成

システム構成

  • お客様サーバへの更新データの配信・更新作業は完全に自動化。メンテナンスフリーを実現しました。
  • Secup-Stationで更新データを評価。同ハードでの更新が保証されます。

更新作業の流れ

更新作業の流れ

  • パッチの緊急度やSecup-BSDへの影響を評価チームが評価。適切なパッチをタイムリーに配信します。
  • 更新データは試験環境で十分にテスト。お客様のサーバが止まることの無いよう細心の注意を払って作成されます。

『Secup-station』詳細へ